データハンドリングスキル

マーケティングデータや生活者データを独自に取得し、データの品質管理やデータ活用のスキルを高めています。

データの取得・作成

市場動向を調査し把握するパネル事業を通じ、高次元のノウハウのもと一次データを独自に取得。
グループ創業時よりつねに高品質なデータの提供を貫いています。

パネルデータの収集・管理

私たちはグループのパネル事業において、小売店販売データ・消費者購買・メディア接触データの収集・管理をしております。また、さまざまな製品の情報を収集し、商品マスター(商品情報データベース)を構築。きめ細やかなメンテナンスで高い信頼性を維持しております。

データの活用・運用

産業別のデータマネジメントチーム体制により、顧客のデータマーケティングをサポートしています。データの潮流から感じられるシグナルを感覚的につかみます。

効果的なデータ活用のためのシステム構築

多様な業界向けのソリューションの企画・立案やシステムの開発・運用など、長年に渡って培われた経験により、さまざまな視点からデータの活用方法を生み出し、お客様のあらゆるご要望にお応えしています。

データの保管

独自に所有しているデータセンターは、24時間専属50人体制で運用しています。安全性が高く、堅牢なため、お客さまから安心して任せられると評価を頂いています。

リスクをあらかじめ防ぎ、大切なデータを徹底管理

自社データセンターは、危険度測定調査において最も低い総合危険度1と評価された場所に設置。非常時の電力供給への対策も二重三重に施すなど、万全の体制ですべてのデータを守ります。

新しい技術への追随

自社データセンターを運用しながら、インテージテクノスフィアはクラウドの活用にも早くから積極的に取り組んでいます。また、Hadoop、AI、そして超高速並列処理などの新しいテクノロジーを積極的かつ柔軟に導入することで、 IoT、ビッグデータ時代の急速な変化に対応しています。

インテージテクノスフィアの技術への取組みの歴史についてはこちら