STEP2
製薬会社における営業・マーケティングDXの実現に向けた

各種データの取得・クレンジング

AIやデータサイエンス、デジタル技術の普及とともに、DX化の重要性が高まっています。製薬業界も例外ではなく、医薬品マーケティングにおいてもDXを導入する動きが活発化しています。
当社は、製薬会社様の業務に対する「理解力」と、持ち前の「IT技術力」および「データ分析力」を武器に、製薬会社様の営業・マーケティング領域におけるDXを推進するソリューションを提供しています。

製薬会社様の営業・マーケティング活動に関連するデータとして、卸納入実績(実消化)や販売実績(出荷)データ、市場データ、MR活動データといったさまざまなデータが存在します。しかし、これらの生データには欠損や重複などが多いため、使用前にデータを「ととのえる」ことが必要です。
当社は、製薬会社様が社内外から取得した生データをクレンジング(欠損値や異常値の修正・重複のカットといった処理)してデータを利用可能な状態にすることで、営業・マーケティング領域におけるデータ活用を支援します。

製薬会社様のお悩み

  • 医薬品卸各社やコ・プロモーション先の製薬会社など、取引先企業によってデータフォーマットやコード体系が異なる場合があり、データを取り込むのに手間がかかる。
  • 医薬品卸会社から入手したデータに誤送信や桁違いなどの不備があり、データを取り込むのに手間がかかる。
  • 医療機関の開業時などに、自社で管理している医療機関コードと医薬品卸会社から送られてきた医療機関コードの紐づけができずにエラーが発生してしまう。
  • 医療機関や医療従事者といったマスタデータの登録・メンテナンス業務が属人化しており、業務精度の面でも不安がある。

当社で解決

データクレンジングを可能な限り自動化し、工数削減およびスピードアップ、精度向上を実現します。

  • データの解析からクレンジングの結果検証まで、地道な作業を確実に遂行します。
  • 医療機関マスタ、医療従事者マスタ・卸納入実績(実消化)・市場データ・デジタルプロモーション関連のログなど、多種多様なデータのクレンジング経験・ノウハウを有しています。
  • クレンジング処理は基本的にすべて自動化し、高速かつ正確なデータ変換を実現します。
  • 卸納入実績(実消化)をはじめとする、取引先各社からのデータを標準化する方法をご提案します。
  • 自動化できない作業は、ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)として当社で請け負うことも可能です。
    製薬企業向けマスターセンター

対応の流れ

業界データに関する豊富な知識・経験をもつ当社スタッフが、製薬会社様のデータ仕様を迅速に理解してクレンジングを行います。
なかでも「個人情報の匿名加工」は、マーケティングリサーチを主業とするため調査データの扱いに強みをもつインテージグループの得意領域です。製薬会社様のご要望に応じた匿名加工が可能ですので、ぜひご相談ください。

  • 1

    データの取得

    STEP1 で採用した各データの取得方法・更新頻度を決定します。

  • 2

    データクレンジングの方法を決定

    取得したデータの内容を確認し、クレンジング項目とクレンジング方法を決定します。

  • 3

    データクレンジングの実行

    処理内容に応じたクレンジングプログラムを開発し、データクレンジングを実行します。

  • 4

    クレンジングプログラムの運用手順を確立

    クレンジングプログラムの運用開始に向け、クレンジング結果の確認やエラー対応などの手順を確立します。

データクレンジングの事例

  • コード付与(名寄せなどにも対応)
  • 表記ゆれ・書式の不統一・漢字の異字体などを統一
  • 欠損値・異常値・重複データなどを修復
  • データを集約した際のデータ粒度の不一致を解決
  • データフォーマットを統一
  • テキスト情報のコード化など
  • 個人情報の匿名加工

費用

クレンジング処理の一部自動化:100万円~

  • データの利用範囲・クレンジング内容などに応じて金額は変動します。
  • クレンジング処理を自動化しきれない部分は、BPOとして当社で請け負うことも可能です。
  • 製薬会社様からのご要望を伺ったうえで、BPOおよび各種サービスの月額利用料をお見積もりします。
  • 詳細はお問い合わせください。

本ソリューションのお問い合わせ、質問は、下記のお問い合わせ先に連絡ください。

「DX推進支援ソリューション」に関するお問合せ先

株式会社インテージテクノスフィア

医薬サービスビジネス部

Eメール: hctech-sales@intage.com

DX(データ活用)総合支援に戻る